2007年05月07日

昨日のプロ野球(5月6日)

☆ベストオブプレイヤー☆ 人気野球ブログランキング

石井一久と高津晋吾が抱き合って喜ぶ

石井一久&高津臣吾

メジャー帰りの2人のベテランリレーで、強い巨人を倒し、高橋尚の連勝記録もストップ。石井は8回1失点7奪三振の好投、高津はわずか7球で試合を締めました。

「中4日の登板は慣れているので、問題はなかった。僕は上のレベルでやらせてもらったこともあるから、(相手打者に)名前負けせず自分の仕事に集中できる面はあると思います」と石井が力強く語れば、「おれがまだ抑えをやっているようじゃ(チームは)まだまだだよ」と高津がおどけてみせました。

古田監督の2人への信頼は絶大で、昨季最終戦を終えた10月16日、古田監督はクラブハウスで石井一に「開幕(戦)にいける準備をしてくれ」と通達していたらしい。また、オープン戦で防御率7.20と調子の上がらなかった高津にも「抑えは彼」と持論を曲げなかった。ランキング

(参考記事 サンスポ)


■5月6日のプロ野球結果

野球石井一が8回1失点 巨1−ヤ2

ヤクルトは石井一が8回4安打1失点と好投、チームの連敗を4で止めた。打線は6回にガイエルの中前適時打で均衡を破り、7回には宮出の1号ソロで加点した。巨人の高橋尚は8回2失点ながら打線の援護に恵まれず今季初黒星。
ランキング

野球横浜が快勝 中3−横7

横浜は2回、村田のソロ、吉村の2ランで3点を先制。8回に1点を加え、9回には無死満塁から相川の走者一掃の三塁打で突き放した。5回1/3を2失点の土肥が4勝目。中日は中4日で力投の山本昌を援護できず連勝は3で止まった。ランキング

野球西武が本塁打攻勢 ソ4−西6

西武が逃げ切りこのカード5連敗を免れた。1−0の3回に石井義が2ラン、5回には中島と和田がソロを放つなど4本塁打で加点した。7回に2点差まで詰め寄られたが、継投でかわした。ソフトバンクの連勝は3でストップ。
ランキング
野球日本ハムが4連勝 日1−オ0

日本ハムが少ない好機を得点に結びつけ、4連勝を飾った。6回に飯山、森本の連続二塁打で1点を挙げ、この得点を3投手の継投で守り切った。オリックスは9回、無死満塁の絶好機で中軸が凡退。昨年5月以来の9連敗を喫した。ランキング
posted by yakyukozo at 09:01| Comment(44) | TrackBack(15) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

昨日のプロ野球(5月5日)



☆昨日のピックアッププレイヤー

粘りの投球でプロ初完封の巨人久保投手。

8安打を浴びながらも、粘りの投球で見事にプロ初完封を果たしました!今年から再び先発に転向して、完投勝利自体も2回目だそうです。

打っても2回にライト線へヒットを放ち、好走塁で2塁をおとしいれ、続く高橋のライト前ヒットで判断良くホームまで帰ってきました。

■久保裕也(くぼゆうや)プロフィール

生年月日:1980年5月23日
年齢:26歳
出身地:福岡県
身長:177cm
体重:80kg
高校:沖学園高
大学:東海大(首都大学リーグでは通算33勝、MVP4度)
通算成績:5年間で199試合、27勝24敗15S、防御率3.71。

人気野球ランキングへ


5月5日のプロ野球結果

野球久保がプロ初完封 巨8−ヤ0

巨人の久保は、3年ぶりの完投勝利をプロ初完封で飾った。8安打されたが、再三のピンチで踏ん張り9三振を奪った。打線は4回に李承☆、二岡の連続本塁打で4点を奪うなど計16安打で援護した。ヤクルトは今季2度目の4連敗。
 (注)☆は火へんに華
[ 共同通信社 2007年5月5日 20:59 ]

野球中日が3連勝 中4−横3

中日が今季3度目の3連勝。中日は0−1の3回、4連続長短打などで4点を奪い逆転した。2番手の久本が好救援で今季初勝利。平井、岩瀬の継投で逃げきった。横浜は5回、1点差に迫った後、なお無死満塁の好機を逃した。
[ 共同通信社 2007年5月5日 19:08 ]

野球広島4連勝 神0−広2

広島が無失点リレーで今季2度目の4連勝を飾った。先発の佐々岡は制球がさえ、7回を5安打に抑えて2勝目。梅津、永川とつなぎ逃げ切った。阪神は2002年6月以来の7連敗で借金が5。組み替えた打線も機能しなかった。
[ 共同通信社 2007年5月5日 17:13 ]

野球ソフトB、西武に連勝 ソ4−西1

ソフトバンクが首位攻防戦に連勝し、貯金を10とした。打線は1、3回とボークと暴投で得点。3回にはさらに小久保の10号2ランで加点した。ガトームソンは8回1失点で2勝目。西武はギッセルが自滅でソフトバンク戦4連敗。

野球ロッテが2回に逆転 ロ5−楽1

ロッテは0−1の2回、今江の犠飛と早川の左前適時打で逆転。8回には里崎の三塁打などで3点を加えて突き放した。小林宏は7回1失点で4勝目。楽天は2回にリックの中前打で先制したが、その後は青山を援護できなかった。
[ 共同通信社 2007年5月5日 16:20 ]

野球日本ハムが3連勝 日7−オ3

日本ハムが終盤の集中打で競り勝ち、今季2度目の3連勝。3点を追う6回、森本の2ランなどで同点とし、7回に5安打などで3点を勝ち越し。8回には田中幸の3号ソロで加点した。オリックスは平野佳がつかまり8連敗。
[ 共同通信社 2007年5月5日 16:30 ]
posted by yakyukozo at 10:29| Comment(0) | TrackBack(6) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

昨日のプロ野球(5月4日)

☆昨日のピックアップ選手☆   Ranking



8回途中まで4安打2失点の好投で今季初勝利の楽天の岩隈選手!
「テンポよくリズムよく打たせてとれた。それが憲史さんの本塁打につながった。本当に納得いくピッチングができた」と本人も納得の投球だったらしい。

おととしの3月26日に完投勝利で、楽天に初白星を付けたのが岩隈投手でした。しかし、2段モーションの禁止からか、本来の投球ができないのと、度重なる怪我で苦しんでいました。

「岩隈という大黒柱があってこそ、田中や若い投手が生きる」と野村監督も言っているように、楽天にとってなくてはならない選手なので、この1勝をきっかけに、岩隈選手の復活と、楽天の快進撃でパリーグを面白くしてほしいです^^

岩隈選手の情報は→人気ブログランキングで探そう。


5月4日の結果

野球巨人が快勝 巨4−ヤ1

巨人が首位に立った。同点とされた6回に谷の二塁打で勝ち越し、7回に高橋由の二塁打、8回にも小技を絡めて加点した。内海は8回を1失点で4勝目。9回は上原が締めた。ヤクルトは3連敗。藤井は内海への四球から崩れた。Ranking


野球広島打ち勝って3連勝 神5−広11

広島が今季最多の11得点で3連勝。試合は中盤に点の奪い合いになり、阪神が6回に2点差に詰め寄ったが、広島は7回に新井の11号ソロなどで4点を奪って突き放した。阪神は先発の福原ら投手陣が精彩を欠き、3季ぶりの6連敗。Ranking


野球4番ウッズが3ラン 中5−横2

中日は6回、4番ウッズの3ランで先制。さらに満塁とし、谷繁の2点適時打で、この回一気に5点を奪った。先発の小笠原は今季初登板初勝利。横浜の連勝は5でストップ。寺原は5回まで無安打と好投したが一発に泣いた。Ranking


野球ソフトBが首位奪回 ソ8−西2

ソフトバンクが効率よく得点し、首位を奪回した。1回に小久保、柴原の連続適時打などで西口から4点を先制。2点差とされた6回は大村が貴重な適時打、7回には代打本間の3ランで試合を決めた。新垣は7回2失点で3勝目Ranking


野球ダルビッシュ4勝目 日3−オ1

日本ハムは0−0の5回に金子誠が3号ソロ。さらに森本、稲葉の適時打で2点を加えた。ダルビッシュは立ち上がり制球に苦しんだが徐々に調子を上げて、3安打1失点の完投で4勝目。オリックスは打線が沈黙して7連敗。 Ranking


野球岩隈が今季初勝利 ロ2−楽6

楽天は岩隈が今季初勝利。直球、変化球とも低めに集め、8回途中まで4安打2失点と好投した。打線も3回に1点を先制。6回には憲史の2号満塁本塁打などで5点を挙げ、効果的に援護した。ロッテの清水は5連敗。Ranking
posted by yakyukozo at 07:48| Comment(1) | TrackBack(3) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

昨日のプロ野球(5月3日)

野球村田が勝ち越しソロ 横7−神6

横浜が5連勝で3年ぶりの単独首位に立った。6−6の8回1死から村田が勝ち越しの右越え本塁打を放った。クルーンは8セーブ目。阪神は粘り強く攻め、8回に追いついたが、ウィリアムスが今季初失点で5連敗となった。Ranking


野球中日が連敗止める 中6−巨5

中日がサヨナラ勝ちで連敗を6で止めた。同点の9回2死一、二塁から、ウッズが右に安打して勝負を決めた。1−5とされた8回に森野の同点3ランなどで4点差を追いついた粘りが実った。8回に救援陣が崩れた巨人は2位に転落。Ranking


野球前田智が逆転3ラン 広5−ヤ4

広島が2カード連続の勝ち越し。2−4の5回に、四球と安打で無死一、二塁と攻め、前田智が右越えに逆転の4号3ランを放った。長谷川が3回途中でKOされたが、救援陣が踏ん張った。ヤクルトは7回1死満塁を生かせなかった。Ranking

野球西武が4回に7点 西15−オ6

西武が逆転勝ちで4連勝。2−5の4回、福地の2点適時打など打者一巡の攻撃で一挙7点を奪った。6回には和田、リーファーの連続本塁打で突き放し、7回にも4点を加えた。先発岸は3勝目。オリックスは6連敗。Ranking

野球日ハムが快勝 ロ2−日8

日本ハムが先発全員の17安打で快勝。2回に陽仲寿の2点三塁打で先制。3回に小谷野の2ランで加点、4−2の9回には決定的な4点を加えた。建山は7回途中2失点で2勝目。ロッテは1回無死満塁の先制機を逃したのが響いた。Ranking

野球ソフトB、17安打で大勝 ソ11−楽4

ソフトバンクが17安打11得点で大勝。0−1の1回に松中の押し出し四球などで逆転。その後も松中の8号ソロなどで得点を重ね、6回に柴原の満塁本塁打で突き放した。水田が6回途中3失点で2勝目。楽天は投手陣が総崩れだった。Ranking
posted by yakyukozo at 09:14| Comment(0) | TrackBack(9) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

昨日のプロ野球(5月1日)

セリーグ

巨人が逆転勝ち 中5−巨9

巨人が4点差をひっくり返した。6回に2点をかえし、3−5の7回は代打矢野の1号2ランで同点。さらに小笠原が勝ち越し二塁打を放つなど、この回4点を奪った。中日は救援陣が総崩れ。5連敗で今季初めて貯金がなくなった。 [ 共同通信社 2007年5月1日 21:55 ]

巨人が強い!投手陣も上原が帰ってきたことでさらに厚みを増し、この勢いはしばらく続くかも。Ranking

ヤクルト17安打 広8−ヤ14

ヤクルトが17安打で打ち勝った。4−4の4回に米野の二塁打などで3点を勝ち越し。6回に田中浩の満塁の走者一掃の三塁打などで5点を加え、試合を決めた。ガイエルが2本塁打含む5安打4打点。広島は連勝が4で止まった。 [ 共同通信社 2007年5月1日 21:52 ]

ヤクルトが最下位脱出。大量得点の中、めずらしく青木だけがノーヒットに終わった。Ranking


パリーグ

細川が勝ち越し打 西4−オ2

 西武は1−2の8回、3連打で同点とした後、1死満塁から細川の2点中前打で勝ち越した。涌井は8安打2失点で完投し5勝目。オリックスは8回にラロッカの本塁打でリードを奪ったが、加藤大が打ち込まれて4連敗を喫した。 [ 共同通信社 2007年5月1日 21:27 ]

涌井が早くも5勝目!しかも、パリーグ他の5球団すべてから1勝ずつを挙げてた。苦手チームを作らないのは大切ですよね。Ranking

ソフトバンクが9連勝 ソ3−楽2

 ソフトバンクが9連勝。1回に松中の7号3ランで先行し、そのまま逃げ切った。杉内が8回2失点で4勝目。楽天は4回にフェルナンデスの2ランで追い上げたが、なお無死二塁の好機を生かせず。引き分けを挟んで5連敗。 [ 共同通信社 2007年5月1日 21:05 ]

ソフトバンクの勢いはどこまで続くのか?ソフトバンクの9連勝は、05年6月14日、交流戦の横浜戦から7月6日の楽天戦まで15連勝して以来、2年ぶり。王監督はホークスで通算850勝、あと3勝で通算1200勝です。Ranking

野球のブログを見る野球ブログランキングへ
posted by yakyukozo at 07:54| Comment(0) | TrackBack(3) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。