2007年05月07日

昨日のプロ野球(5月6日)

☆ベストオブプレイヤー☆ 人気野球ブログランキング

石井一久と高津晋吾が抱き合って喜ぶ

石井一久&高津臣吾

メジャー帰りの2人のベテランリレーで、強い巨人を倒し、高橋尚の連勝記録もストップ。石井は8回1失点7奪三振の好投、高津はわずか7球で試合を締めました。

「中4日の登板は慣れているので、問題はなかった。僕は上のレベルでやらせてもらったこともあるから、(相手打者に)名前負けせず自分の仕事に集中できる面はあると思います」と石井が力強く語れば、「おれがまだ抑えをやっているようじゃ(チームは)まだまだだよ」と高津がおどけてみせました。

古田監督の2人への信頼は絶大で、昨季最終戦を終えた10月16日、古田監督はクラブハウスで石井一に「開幕(戦)にいける準備をしてくれ」と通達していたらしい。また、オープン戦で防御率7.20と調子の上がらなかった高津にも「抑えは彼」と持論を曲げなかった。ランキング

(参考記事 サンスポ)


■5月6日のプロ野球結果

野球石井一が8回1失点 巨1−ヤ2

ヤクルトは石井一が8回4安打1失点と好投、チームの連敗を4で止めた。打線は6回にガイエルの中前適時打で均衡を破り、7回には宮出の1号ソロで加点した。巨人の高橋尚は8回2失点ながら打線の援護に恵まれず今季初黒星。
ランキング

野球横浜が快勝 中3−横7

横浜は2回、村田のソロ、吉村の2ランで3点を先制。8回に1点を加え、9回には無死満塁から相川の走者一掃の三塁打で突き放した。5回1/3を2失点の土肥が4勝目。中日は中4日で力投の山本昌を援護できず連勝は3で止まった。ランキング

野球西武が本塁打攻勢 ソ4−西6

西武が逃げ切りこのカード5連敗を免れた。1−0の3回に石井義が2ラン、5回には中島と和田がソロを放つなど4本塁打で加点した。7回に2点差まで詰め寄られたが、継投でかわした。ソフトバンクの連勝は3でストップ。
ランキング
野球日本ハムが4連勝 日1−オ0

日本ハムが少ない好機を得点に結びつけ、4連勝を飾った。6回に飯山、森本の連続二塁打で1点を挙げ、この得点を3投手の継投で守り切った。オリックスは9回、無死満塁の絶好機で中軸が凡退。昨年5月以来の9連敗を喫した。ランキング
posted by yakyukozo at 09:01| Comment(44) | TrackBack(15) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。